2014年10月28日

フードファイター ツキの17年目の記念日

ツキが我が家の一員となったのは

今から17年前の9月末

その日が満月であったかどうかは忘れましたが

夜空に美しい月が出ていたことは覚えています。

ためらうことなく、「ツキ」と命名

れから今年で17年ぴかぴか(新しい)

病気ひとつせずに、すくすくと育ちました顔(イヒヒ)

食いしん坊でなんでも食べる

手はかからないですが、まあよく食べる顔(ペロッ)

典型的なフードファイターですね顔(笑)

缶詰を食べた後に、カリカリ食べて

少し間があって、おやつをおねだり

その後、私たちが食事を始めようとすると

のっそりとやってきて、食事時のトレーの前で待機exclamation

何か食べたもの以外のものが出てくるまで待ちの姿勢猫(足)

しつこく待ちます顔(チラッ)

人が食べているお魚とかチーズとかも大好物猫(笑)

私が根負けするのを待ち続け

あわよくば食べているものが出てくるのかと、期待している顔(汗)

人が食べているものは、味が濃いから猫の健康のためにはアウト猫(怒)

仕方なくおやつで買っている鳥のふわふわとか

マグロのふわふわとかでごまかして

何とかお引き取り願う顔(イヒヒ)

猫の17歳って人間に直すと傘寿くらいでしょうかexclamation&question

健康とはいえ、ここかしこ衰えが見える

少しボケも出てきたのかなって思う時もあり

水をよく飲むし、おしっこも多いexclamation

やはり腎臓も弱ってきている

カリカリでは、療法食の「腎臓サポートスペシャル」を主にしていますが

ツキは、またこの「腎臓スペシャル」が大好き猫(笑)

まあ缶詰、カリカリとも嫌いなものがないツキのことですから

ピートのように好き嫌いが激しい猫と違い、苦労がありません。

我が家は、3ニャンズとも後期高齢猫exclamation×2

カリカリは、「腎臓サポートスペシャル」の他に「糖コントロール」

「皮膚のアレルギー」用を主に食べさせていますが

3ニャンズとも療法食が大好きなので助かります猫(笑)猫(足)

何はともあれ健康が一番

みんな長生きしてほしいですね。


さて、フードファイターツキの面目躍如の姿を過去の写真から


ミルク大好き、口元から垂れているミルク可愛い顔(メロメロ)

ツキ0003.JPG


食べ方が下手なツキ顔(え〜ん)トレーの中は散らかしほうだい

P1030625 (448x336).jpg



にゃんこのばあやさんから頂いた人参を美味しそうに食べています顔(イヒヒ)

IMG_3847.JPG



人参も好物ですが、トウモロコシにもめがありません顔(笑)


IMG_5198.JPG



ヨーグルトを食べていると、必ずやってくる猫(笑)猫(足)

IMG_2669.JPG



油断すると、テーブルのハムもターゲット顔(汗)

IMG_3059 (448x336).jpg



サラダ代わりの猫草です顔(ペロッ)

140613ツキ草かぶりつき.JPG


ツキじいじい、いつまでも元気でフードファイターでいてくれよ

来年も、再来年も・・・・・・・・

月夜の夜にお祈りしましょう。



IMG_8000.JPG







ニックネーム nekoboci at 16:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

あみとピートの記念日だ!!

6月初めに更新してから

3か月も経ってしまいました。

忘れてしまったわけではないのですけど

あみとピートの記念日!!

ごめんふらふらあみちゃん、ピート君


2にゃんずがやって来たのは

6月末のことでしたから

お友達のご主人であるにゃんこ先生の

病院から避妊手術を終えて、帰ってきたあみ

お腹の中にいたのは、ピートのみ!!

ピンセットでつまみだしたら

生きるんだぁ〜

と、伸びをしたピート

先生は助けてくださった。

ふたりして帰ってきたことに感謝です。

それから14年

歳はとっても、元気な2にゃんず

いつまでも子供っぽく

やんちゃで、ランボーなピート

ツキちゃん大好きあみ

親子であっても

相性は最悪猫(怒)

あみはピートを避けて、目もあわさないし顔(チラッ)

どうかした拍子に、あみを羽交い絞めにしていじめるから

よけいに、嫌われています。


でも、大きな病気をすることもなく

ふたりとも元気ですからわーい(嬉しい顔)

頭が痛いのは、あみが食べ過ぎて盛大にするゲロがく〜(落胆した顔)

そして、体質が母親に似たのか

今年になって、アレルギー性皮膚炎がひどくなり

いたるところ舐めまわすので

みっともなく禿げています。

あみも、このアレルギー性皮膚病で禿げて大変でしたが

療法食を食べさせて、2年くらいで治りましたから

ピートにも食べさせてはいるのですが

それだけでは飽きてしまうので

色々混ぜたものを食べさせていますから

いまいち治りが悪いようです。

にゃんこ先生から、薬も出してもらってますが

飲ませるほうが忘れることが多く

いっこうに改善しないので、頭が痛い顔(汗)

まあ気長に、療法食を食べさすしかないですね。

記念日には、日にちが経ちすぎていますが

忘れないように更新と、近況をアップしました。


最近のピートです。


相変わらずベランダで、草を食べています。



背中の毛が禿げて白くなっているのわかりますでしょうたらーっ(汗)

IMG_9271 (448x336).jpg



この写真でも、禿わかりますよね顔(イヒヒ)

IMG_9278 (448x336).jpg




禿げ、はげって言うな!

IMG_9290 (448x336).jpg



ピート禿をばらされて、お怒りのようです顔(ペロッ)




ニックネーム nekoboci at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

美しい月夜にやって来たツキ

8月に更新して以来ですから

1か月も経ってしまいました。

パソコンをXPから8にして

あまりの違いに戸惑いばかり

それでなくとも最近は横着者になっていますので

よけいにブログの事まで頭が回らなくて

気が付けば1か月も更新してない!!

いつもの事ですが顔(汗)

9月といえば、ツキが我が家にやって来た

大切な記念日ではないかがく〜(落胆した顔)

秋晴れといって、9月は比較的に晴天の日が多く

お月様が夜空に映える月でもあります。

で、今年の中秋の名月は9月19日

この夜は台風一過、それはそれは美しいお月様満月



IMG_8861のコピー.jpg


ツキが我が家にやってきた日の夜も

とってもお月様の綺麗な夜でしたので

迷わず、ツキと命名猫(笑)猫(足)

あっという間に16年exclamation×2

この16年の間、にゃんこ先生に相談するような病気もせず

本当に親孝行なツキ様顔(メロメロ)

唯一、困らせるのは無類の食いしん坊顔(え〜ん)

猫缶、カリカリ、おやつのささ身に鰹のなまり、鰹のふわふわ削りと

毎食、一通りのメニューを出さないと承知しません。

高齢なので、カリカリは腎臓と糖コントロールの療法食が主体

助かるのは、好き嫌いが全然ないのでなんでも食べてくれます。

その食いしん坊さん、私たちが食べるものまでチェックが入ります。

なるべく塩分、糖分はとらせぬよう気をつけてはいるのですが

鼻が利きますので焼き魚と牛乳の匂いには敏感猫(笑)猫(足)猫(足)

寝ていても必ず食卓にやって来ます顔(え〜ん)

牛乳は、ヤギのミルクで代用出来ますが

焼き魚は、なるべく甘塩の焼き魚にして

ほんの一口ですよ

犬と違い猫ですから、それだけで満足しますから

あみもピートも人の食べ物には見向きもしないのにexclamation

猫もそれぞそれ、嗜好の違いがありますね。

嗜好ではないですけど、それぞれ違うなと思うのは

今は亡きチャツプーとジョジョはベランダが大好きで

ベランダに出ると、いつまでも入ろうとはしなかったのに

ツキはベランダに出るのは猫草を食べる時だけ

草を食べ終わり、点検が終わると

すぐに帰ろうと、網戸を前に大騒ぎ

この様子を映像にしました。








親分に従い、子分たちもうろうろ顔(イヒヒ)

親分、気が短いですから直ぐに実力行使です顔(ぷんっ)


まだまだ元気いっぱいのツキです。

これからも、病気もせず元気で

わがままを言って私たちを困らせてくださいね。

お月様、こんなツキをプレゼントプレゼントしてくださって

あ・り・が・と・う



ニックネーム nekoboci at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

ツキがやって来た満月の夜!!

長いブランクでしたから

7月と8月は飛ばしていきますあせあせ(飛び散る汗)

何せ、7月と8月は猛暑日つづきで

今から考えると、何してたのか思い出せません顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)

で、一挙に9月に突入exclamation



9月といえば、ツキが我が家にやって来た日ですから外せません

我が家を目指してやってきたツキ猫(笑)猫(足)

今から15年前9月の最終日曜日でした。

朝ベランダに出て、子供たちの遊びまわっている姿の中に

周りの稲穂と同じ色の小さな猫を見たとき

この中の子供たちの家猫だろうなと

ほほえましく見続けていましたが

その子猫が、今度はマンションの駐車場に現れたときは

この子は捨てられたか、迷いネコexclamation×2

人馴れしていたのでのら猫さんら生まれたとは考えられないし

困ったことになったぞぉ〜っ顔(汗)

ほっておくわけにもいかず駐車場まで降りていくと

途中の階段に後ろ向きに、ちょこんと座って

まるで私が来るのを待っているようす。

その小さな首根っこを、ひょいとつまみあげたら

驚きもせずに、待っていましたって私に小さな体をゆだねてきました。

仕方ない、我が家の子にするか

我が家には、当時チャップーとジョジョという

老猫ふたりが静かに生活をしていたので

子猫さんを連れて帰るのか酷かなって気がしましたが

放り出すわけにもいかず、我家に連れ帰りました。

その夜、満月に近い美しい月がでていましたので

金茶色の毛並から「ツキ」と命名満月

9月は中秋の名月をめでる習わしがある日本

毎年、旧暦の8月15日

「十五夜お月さん〜〜♪♪」子供のころ歌った記憶が・・・

年によって中秋の名月の日にちが変わりますので

ツキの来た日が中秋の名月の日であったかは定かではありません。


さて、今年の中秋の名月は9月の30日

十五夜お月様とめでられていたのは

中秋の名月が、旧暦の8月15日という事が調べてやっとわかりました。

前にも、調べたような気がしますが

今またネットで再確認顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)

で、今年の中秋の名月が見られる9月30日(旧暦8月15日)

あいにくなことに、17号という大きな勢力の台風が日本を縦断がく〜(落胆した顔)

丁度関東を通過する日だと分かっていましたので

前日のお月様ゲット


IMG_8195.JPG



IMG_8201.JPG


予報通り、大きな台風が関東を足早に通り過ぎ

台風一過の翌10月1日は秋晴れの良い天気

夜には十六夜のお月様が穏やかな優しい姿を現してくれました。


さて、ツキの子供時代の写真

何度かこのブログでもアップした写真です。



ミルク大好きは、今でも変わらないですね。

ツキ0003.JPG





初めてジョジョとご対面顔(イヒヒ)

ツキ0008.JPG


年賀状にと何枚か撮った一枚顔(メロメロ)




ツキ0024.JPG




我家に来てから今年で15年猫(笑)猫(足)


これまで1度も、にゃんこ先生の手を煩わした事のない健康優良猫猫(笑)猫(足)

でも、15歳。

さすがに年をとりました。

身体が重くて左よく食べますから

上にのぼるのが大変になってきました猫(泣)

猫は良く寝るといいますが

ツキの場合、食べるか寝るか顔(え〜ん)

たまにベランダの1日

まあ元気がとりえのツキ

きっと長生きしてくれると思っています。

我家の最長年齢猫、九郎(女の子)が推定21歳で大往生でしたのでぴかぴか(新しい)

がんばれツキ、九郎を超えろ と思っています。





ニックネーム nekoboci at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

6月の記念日

すっかりご無沙汰してしまいました。

5月末から手つかずのブログexclamation

我が家の猫たちの日常が同じことの繰り返しで

何か意欲が失せてしまい更新が滞ってしまいました。



何してるんじゃ顔(ぷんっ)

われながら反省顔(汗)

で、先ずは6月の記念日

忘れもしません、野良猫あみの強制捕獲と、ピート誕生の月猫(笑)猫(足)

まだ子猫だと思っていたあみのお腹がいつの間に大きくなっているがく〜(落胆した顔)

必死の思いで、捕獲して

お友達のご主人、猫ちゃん先生につれて帰ってもらい

先生の病院で、あみの避妊手術

その時、あみのお腹にはもう既に大きくなっていたピートがふらふら

先生は病院で育ててもいいからと

ピンセットでつまみあげて蘇生してくださったるんるん

丁度、田舎の妹が上京してきた時でしたので

そのまま、にゃんこ先生の病院で預かってもらう事に

ふたりおそろいで我が家に帰ってきたのが6月末

大きなネズミのようなピートと顔(え〜ん)

野良時代に猫家族で生活していたために

人間嫌いなあみとの生活の始まりでした。

当時、我が家にはチャップー亡き後

男の子なのに女の子に間違われる優しいジョジョと

1年前に、我が家にやってきたツキが

のんびりと暮らしてましたから

この新参者たちに少なからず驚いてました。

でも、生まれついての温和で心の広いジョジョ猫(笑)

そのジョジョ母さんに可愛がられて

素直に育ったツキ猫(足)でしたから

すぐにふたりを受け入れてくれました。

でも、やんちゃなピートには手を焼いていましたね顔(イヒヒ)

あみは、優しいジョジョに母親の面影を求め甘えて

苦手な人間(私たちなんですけど)がいても何とか我慢顔(え〜ん)

それにカッコいいツキにはメロメロでしたから幸せいっぱい揺れるハート

あっという間に、今年で12年exclamation


想い出の写真←前にもアップしている写真ですけど



来た時は、ケージ暮らしのあみ猫(怒)

あみ0002.JPG




大きなネズミ君みたいなピート顔(イヒヒ)

ピートA.JPG






ピートがベランダに出たので、心配そうにあみが覗いています。

あみ&ピーと0001.JPG






大きくなっても母乳猫(笑)

あみ&ピーと.JPG


ピートが子供の時は、面倒見の良い母親でしたのに猫(足)

成猫になってからは、乱暴者のピートを毛嫌いしているあみ猫(怒)

ピートは、あみ母ちゃんよりツキ兄ちゃんの方が好き

好きなツキ兄ちゃんを、ひとり占めされるので猫(怒)

あみ母ちゃんをいじめるのかもしれませんexclamation&question

我家の猫たち、変な三角関係顔(え〜ん)

ふふふ〜〜 まあ幸せだから顔(笑)

この平穏な生活がいつまでもいつまでも続きますように・・・・・
ニックネーム nekoboci at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

ツキがやって来た日♪

すっかり忘れる所でしたふらふら

今日は、ツキが我家にやって来た日猫(笑)猫(足)

お寺のわき道で子供たちと戯れていたツキexclamation

マンションの駐車場でワンちゃん連れのお兄さんに

「お家の猫にして〜」と懇願していたツキ猫(笑)猫(足)

就活もうまく行かなくて、ぽつんと座っていた小さな後姿猫(泣)

一部始終見ていた私がほっとけるわけありません。

小さなツキを抱きかかえて我家につれ帰った日から14年経ちました。

その間、1度も病気に罹る事もなく

今は、健やかにシニヤライフを満喫中わーい(嬉しい顔)




今年の夏も、暑い時は大股開き顔(え〜ん)



IMG_7330.JPG





少し涼しい時は、カイガラムシ顔(笑)




IMG_7334.JPG






少し寒くなると、湯たんぽ代わりをはべらせて顔(イヒヒ)





IMG_7270.JPG





サラダバーも食べ放題猫(笑)





IMG_7347.JPG



幸せな猫生活が続いています。

来年も、再来年も、ずーっと幸せが続きますように顔(メロメロ)
ニックネーム nekoboci at 16:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

シニアの仲間入り!

あぁ〜exclamation やっと間に合ったか顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)

6月生まれのピートの事、すっかり忘れていましたふらふら

ピートが生まれたのは、6月だったのですが

生まれる経緯が少し複雑でexclamation

誕生日がはっきりしません。

今から11年前、野良猫だったあみをやっとの思いで捕獲して

友達のご主人であるにゃんこ先生に避妊手術をお願いし

そのまま数週間、預かってもらっていました。

あみの避妊手術を行ったにゃんこ先生

お腹にはピートだけ、それも大きく育っている

つまみ出したら、手を上にあげ伸びをした。

その姿を見て、この子は、生きたいんだ猫(足)

そう思った先生は、ピートを手術を終えたばかりのあみの所へ

傍においてやると、そこはさすが母親

疲れているだろうに、直ぐにお乳を飲まし

抱いて寝てくれた。

それからは、ずっと一緒で数週間病院で過しました。

そんな経緯があった事を私は全然知らなくて

そろそろ我家に馴れるためにも、家につれて帰ろうと

友達に電話した所、あみの子供の事を初めて知り

ビックリexclamation×2 寝耳に水がく〜(落胆した顔)

私の動揺を察知した友達は、病院で預かってもいいのよ

と、言ってくれたのですけど

そこまで、甘えるわけにはいきません。

そんなこんなで、ふたりして我家に帰ってきました。

慌てていたので、肝心のピートの生まれた日を聞くのをすっかり忘れて

11歳を迎える今日まで、本当の誕生日が分からずじまい顔(汗)

勝手に、6月25日をピートの誕生日と決めてしまいました。



そのピート君、11年間の間に1度だけオシッコが出にくい病気をして

先生ちの子にと言ってくださった、にゃんこ先生に治していただいてからは

元気exclamation 元気exclamation

メタボ気味の立派なシニアとなりました。

避妊手術の後だというのに、一生懸命お乳を飲ませて

育ててくれたお母ちゃんに、乱暴を働く不届きものですが

まだまだシニアにはほど遠く、子供っぽいピートです。

昼下がり、大好きなベランダに出てリラックスなピート下


IMG_7123のコピー.jpg


IMG_7129のコピー.jpg



IMG_7121のコピー.jpg



IMG_7153のコピー.jpg



IMG_7151のコピー.jpg



IMG_7149のコピー.jpg



天衣無縫のピートですが、天から授かった命を大切に

いつまでも元気で長生きして下さいね。














ニックネーム nekoboci at 21:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

10年目の哀しい記念日

今月の23日、ブログのお友達の家主家のサンディ嬢が永眠されました

美しく聡明なサンディ嬢は、家主さんにとって

太陽のような存在の最愛の猫さんでした

ご冥福をお祈り致します


沢山の猫たちと暮らすなか、特別な猫との出会いってありますよね

「ねこものがたり♪」の家主さんにとってはサンディ嬢

「にゃんちんと一緒」のnyanmyuprinさんにとってはにゃんちん

私にとっては、今はお星様になってしまったチャツプー

そのチャツプーが天に召されたのは今から10年前の11月25日

私にとっては、忘れられない哀しい日です

今の住まいに引越す前は、自由に外を闊歩していたチャツプー

マンションに引越して自由が奪われた分

よほどの事がない限り、毎日のお散歩は欠かさないようにしてました

お休みの日以外は、どうしても仕事から帰って夕食終えてからですから

深夜近くのお散歩になります

寒い今の時期は、美しい夜空を見上げるのが楽しみで

キティちゃんのリボンのようなオリオン星座

その直ぐ近くに全天で一番キラキラ光り輝いているシリウスぴかぴか(新しい)

チャツプーと妹と私の心癒される至福の時間に眺めたお星様

チャツプーがお星さんになったその時から

キラキラ星のシリウスは、私の中ではチャップーの星と

勝手に決めてしまいました


さて、「ラグドール 桃子とまいにち」のSOUPさんから

お母さんからのお土産で、SOUP家のちいちゃんに似ているからと

買ってこられた猫の置物がチャツプーにそっくりexclamation

というコメントを頂き、早速お伺いし驚きexclamation

シッポの先が、白い所までよく似てました


それで早速、よく似ているお散歩の時のチャツプーの写真下をアップ



チャップー0147.JPG





夜の散歩写真は、やはり暗くて映りが悪い下




チャップー さいたま0072.JPG





散歩途中、一休みの達磨さんのようなチャツプー下



チャップー0026.JPG


10年前のチャップーの写真、デジカメで撮った写真ではないんですよexclamation


あっという間の10年、身の回りの物の移り変わりも早いですね

でも、家族同様の猫との絆はいつまでも永遠に変わらず

今も胸の中に生き生きと生き続けています
ニックネーム nekoboci at 00:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

12年前の中秋の明月の日

IMG_2226.JPG

我が家の数あるカレンダーの中のひとつで

ちょっと気に入ってる今月の絵ですかわいい



9月の中旬〜10月の初めを中秋というそうです。

1年で一番月が明るい時

今年は10月3日が名月、晴れであれば

美しい満月が見られるはずです。

我が家のツキが来たのは、12年前の9月28日

満月であったかどうかは忘れましたけど

明るい月が、満月煌々と光り輝いていた事は確かです。

1ヶ月ちょっと位の小さなツキは

私がやってくる事を、感知しているかのように

マンションの階段のところで後ろ向きに

ちょこんと座っていました。

ひょいと持ち上げても、驚くでもなく

素直に腕の中に収まり、そのまま我が家へ

汚れてもいないし、蚤も皆無exclamation

飼われていたのに捨てられたのかしらふらふらむかっ(怒り)

今もって、事情は分からずじまい←あたり前のことですが

そして、12年・・・

快食、快眠、快便と、元気がとりえの

メタボのおじさんに成長しています猫(笑)



12年目をむかえた、最近のツキ様。

IMG_2157のコピー.jpg





IMG_2164のコピー.jpg





IMG_2162のコピー.jpg





ツキ帰る.jpg





家長猫なのに、へたれで甘えっ子猫(笑)猫(足)

まともに遣り合えばピートなんか、へのかっぱなのに猫(怒)

気弱な所を、ピート見抜かれて猫(泣)

何時も一歩前を譲ってしまいます。



ツキ、あなたは月を守り神にして

運の強さを背負っているのですから

何時までも、元気で長生きして下さいね顔(メロメロ)





ニックネーム nekoboci at 23:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

Happy birthday to ピート♪

大きなネズミ君がやって来てがく〜(落胆した顔)

びっくりした2000年6月25日

時は過ぎて、大きく立派なおじさん猫に成長したピート

今年で9歳になりました。

昨年の春は、膀胱炎で緊急入院ふらふらexclamation

血液検査の結果、中性脂肪値とコレステロール値が高く

メタボリック症候群と認定されたりでさんざんでしたが

現在も、相変わらずおでぶ君ではありますがわーい(嬉しい顔)

膀胱炎のほうは、すっかり完治しました。

幾つになっても、やんちゃでハチャメチャ猫(笑)

我が家のムードメーカーピートから

お誕生日のご挨拶を皆さまへ

IMG_1618のコピー.jpg




IMG_1610のコピー.jpg




IMG_1614のコピー.jpg





IMG_1644のコピー.jpg






ニックネーム nekoboci at 00:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

金茶色の子猫がやって来た日

11年前の今日、偶然にも日曜日ひらめき

朝から晴天晴れのもと、子供達の歓声の中に

金茶色の子猫が子供達と一緒に走り回っている姿が見える目

まさか、この子が家なき子とはexclamation

そして、この子がマンションの駐車場で

私を待っているとは・・・

あまりにもフレンドリーな子猫でしたので

野良猫さんの子供とは思えません

迷い猫exclamation&question 捨て猫exclamation&questionこんなに小さな可愛い子を捨てる?

今でも謎のままです。

目の前に家族を求めている子を見捨てる訳にはいきません

こうして、この子猫は我が家の一員に

月の美しい夜でしたし、運がよかったねのつきを合わせて

「ツキ」と命名。

それから今日まで、すくすくと健康に育ち

めでたく11歳を迎えました。

人間で言う還暦でしょうかわーい(嬉しい顔)

あみという愛情過多のパートナーと揺れるハート

ピートというかっこうな喧嘩相手パンチに恵まれ

一番年上なのに、一番の甘えっ子(おじさん)

何時までも健康で幸せなツキでいて下さい。





我が家にやって来た翌日、早速観葉に悪戯しています

tuki0006.JPG




半月後、少しお兄ちゃんぽくなっています

ツキ0014.JPG





一年経って、いよいよベランダデビューの日です

ベランダ0045.JPG






3年後、まだスリムです。

ツキ0137.JPG






4年後、男盛りのツキです

ツキ0148.JPG






最近のツキは、パソコンの傍にいることが好きです

IMG_1107.JPG

ニックネーム nekoboci at 19:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

「夏への扉」 ピート誕生!!

私のお気に入りの本でロバート・A・ハインラインの

「夏への扉」というSF小説があります。

作者のハインラインが相当の猫好きさんだったのか

主人公のダニエルと同居しているピートなる猫の描写が

生き生きと書かれていてSF小説が苦手な人でも

猫好きさんなら好きにならずにいられない小説だと思います。

主人公、ダニエルの住んでいる家には11ヶ所もドアがあり

その上、ピート君専用の入り口まであります。

「夏への扉」から抜粋バッド(下向き矢印)

「ピートの哲学
ピートはきわめて単純明快な哲学を編み出していた。
住居と食と天気の世話はぼく任せ、それ以外の一切は
自分持ちという哲学である。
その中でも、天気は特にぼくの責任だった」



そして、冬になり雪が降るようになるとピートはダニエルに

12ヵ所のドアというドアを全てを開けさせて

どれかに夏への扉があると信じて疑いません

猫好きさんなら誰でもうなずく、数々の猫の習性

ダニエルとピートの固い絆

波乱万丈、紆余屈折を経てラストのどんでん返しの結末まで

息つく閑もなく、ダニエルとピートに魅せられて

お話が進み、読み終わった時の心地よさ最高!!

そんな大好きな小説の中に出てくるピート君

小説を読んだ時から是非付けたい名前だったのです


さて現実に戻って、8年前の23日あみを強制捕獲して

にゃんこ先生に病院に連れて帰っていただき

あみの避妊手術をやっていただいたのが24日です

この日の夕方、にゃんこ先生の奥さんである友人から電話が入り

「無事、手術終わりましたよ、それで、あのね・・・あみのお腹に
もう大きくなった赤ちゃんが一匹だけ入っていたの」

私「エッ!! それでどうしたの?」

「うん、先生がピンセットで取り出したらこの子って、う〜んって
伸びをしたのよ、生きたい〜って」

私「うんうん、それで」

「今、私の掌の中に居るのよ・・・」

ああ良かった、小さな命でも生きたいって子を殺す事は出来ません

さすがあぁ〜にゃんこ先生ありがとうございます

そして、数日後母親のあみと一緒にピートが帰って来たのです


「夏への扉」のピートのように30年の冷凍睡眠から目覚めて

2000年6月、自らの夏への扉を見つけ

私たちの所にやって来たのです

ピートお帰りなさい、ここがあなたのお家ですよわーい(嬉しい顔)



帰って少したった頃のピート、顔の真ん中にVictoryマーク手(チョキ)

大きなネズミさんか! ETさんか! ユニークなピートです


ピートB.JPG




5ヵ月経ったくらい、少しお兄ちゃんぽくなっています


ピートF.JPG



ツキ兄ちゃんとも仲良しこよし揺れるハート

ピート&ツキ0002.JPG



そして一番最近のピートの、どアップがく〜(落胆した顔)

精悍な黒豹もどきです


IMG_0305.JPG



今年はメタボの認定を受けたピート、入院もしました。

皆様にも心配をおかけしました。

しかし、今は元気一杯、やんちゃなピートに戻っています。

これからも、どうかよろしくお願いいたします(=^・^=)




ニックネーム nekoboci at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

茶とら猫好きのルーツ!?

今日はあみを強制捕獲した記念日でした。

この事は「鯖柄猫を捕まえろ!!」

詳しく書いていますので読んでみてください。

考えてみれば、あみの茶とら猫への一途な愛は

その生まれた環境からきているのかもしれません

あみのお母さんと思われる猫も胸の所は白で背中が茶とらさん

お世話をしてくれていたアパートの住人が引っ越して

母親とも離れ、頼れるのはお兄ちゃんしかいない

そのお兄ちゃんが茶とら猫君でした。

マンションの駐車場に毎夜、この兄妹は何時も一緒に現われ

ごはんの催促、ふたりそろってよく食べる事

この茶とらのお兄ちゃんがイケメンとはいいがたいが

なんとも愛嬌のある茶とら君で猫(笑)猫(足)

あみをしっかりガードしていました猫(怒)猫(足)

8年前のこの日、このいじらしい茶とら君の目の前で

あみの強制捕獲を実行しました。

最愛の妹を突然に奪われた茶とら君は

しばらく姿を現しませんでしたが

数週間後、今度は別の女の子を連れてやって来ました。

このコンビは長続きせず

丁度、恋の季節も始まり茶とら君の姿は

それ以降ぷっつりと途絶えてしまいました。

さて、話をあみに戻して

あみは赤ちゃんのときは茶とら風のお母さんの愛情に包まれ

大人になってからは、兄の茶とら君の庇護の下で

幸せに暮らしていました。

そんな茶とらファミリーの中で過ごしたあみでしたから

ツキへの異常とも思われる愛が生まれたのかもしれません。



ジョジョが元気な頃、あみはジョジョを母親のように慕っていました

あみ&ジョジョ.JPG




大好きな、ジョジョとツキに護られて

ジョジョ0186.JPG





ツキにメロメロなあみ揺れるハート

あみ&ツキ0002.JPG




エッと・・・息子でしたっけ!! 黒助は眼中にありませんむかっ(怒り)

あみ&ピート0006.JPG


あみは、ジョジョがお星様になって目の前から消えてしまった時

ショックがひどくて、一時癲癇症のような症状が出ました。

2度も母親を失った気がしたのかもしれません。

今は、ツキ一筋の幸せなあみ

我が家に来てから、9年目の夏がやって来ました。
ニックネーム nekoboci at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

夢の中で

今朝、目覚める前に見た夢は犬の夢でした。

どういう話で、どんな場面に犬が出てきたのかは定かでなく

何か変わった犬種の犬が出てきたような記憶しか残っていません。

多分、にゃんこのばあやさんのブログで見た「この犬たちを救って」

今月中に処分されようとしている犬たちの寂しげな表情が

頭を離れなかった為に夢の中に出てきたのかも知れません

サイドにも貼っていますので、是非リンク先を見てください

1頭でも多くの犬たちが救い出されることを祈っています。



さて、わたしの夢の中には動物、特に犬と猫が頻繁に出てきますが

不思議なことに、夢に出てくる猫や犬は

一度も会ったことも見たこともない子ばかり

唯一例外が、今はお星様になってしまったチャツプーの夢

不思議なくらいチャツプーの夢はよく見るのですが

醒めた後はどんな場面で出てきたのか、どんな話だったのか

思い出せなく、最後は必ずチャツプーは消えてしまって

一生懸命に探している所で目が覚めてしまう

最近の夢では、抱いていたチャツプーが腕からスルリ

それも銀座の人ごみの中、呆然としている所で目が覚めた。

夢の中でのチャップーはどうだったか思い出そうとしても

夢は儚く消えて、懸命に手繰り寄せようとしても

探し出せなく悲しんでいる自分の姿しか思い出せない

ちょっぴり哀しい夢でした。



今日は、夢でしか会うことの出来ない、チャツプーの悲しい記念日

今から6年前、夜の散歩から帰ってからの突然死

あっけないお別れでした。

チャツプーを偲んで散歩姿の写真を載せました。


チャップー0026.JPG



チャップー0027.JPG


チャップー0143.JPG








ニックネーム nekoboci at 19:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

ツキの変身術!?

「ツキが我が家にやって来て」から早くも10年の月日が経ちました。

前の回で、ツキの前世が分かったことでもあり(笑)

あらためてツキに真偽のほどを聞いてみようと渋い顔のツキに

お話しを聞くことにしました。




N 「えっと、ツキ様、あなたは何処からやってきたのですか?」

ツ 「ぼくが何処から来たかって、月からに決まっているだろう」

N 「ちょっと、おかしくありませんか!?」

ツ 「おかしいって!」

N 「だつて、月には兎でしょう」

ツ 「フン!! 甘いね、月の兎はただの兎じゃないよ」

N 「エッ!? ただの兎じゃないって、幾らなの?」

ツ 「お金には換算できないよ」

N 「だって、タダじゃないんでしょう!?」

ツ 「う、う、うーん・・・おかしくするのはそっちじゃないか」

N 「・・・・・・???」

ツ 「アノネッ、月の兎は変身できるのさ」

N 「へ〜え??? ウルトラマンなの」

ツ 「えっ!? ウルトラマンって?」

N 「ウルトラマン知らないの! 」

ツ 「そんなの知るかっ」

N 「平常時は人間、異常時にはウルトラマンに変身するのよ」

ツ 「そうそう、やっと話が通じるよ、10年前地球の異常を感じた
  月の女神が僕を猫に変身させて地球を救う為に送ったんだよ」

N 「それにしては、何時までたっても救ってくれないじゃない」

ツ 「あまりの異常の多さに、驚いたね。何処から手をつけて良いのか
  分からなくなってしまったんだよ」

N 「エッ! それって救いようがないってこと!?」

ツ 「僕は後10年位しか、この地球にいられないしね」

N 「10年もいたら、何とかなるんじゃない」

ツ 「それは違うね、あっという間の10年さ、短いものだよ」

N 「ひどい!! 地球をこのままにして行くの?」

ツ 「僕の手に負えなかったと女神に報告するんだ」

N 「女神は何と言うのかしら?」

ツ 「分からんさ」

N 「地球が滅亡してもいいの!!」

ツ 「自業自得だろう」

N 「でも、そうなったら月も月でいられなくなるよ」

ツ 「いいさ、月にはツキがあるからさ、次の星を探すよ」
 
N 「・・・・・・」


え〜〜っと、妄想が膨らんでしまいました顔(ペロッ)

ツキの記念日でもありますので脱線をお許し下さいませ( _ _)


ここで、ツキの可笑しな変身写真を探してみました下





middle_1127046126のコピー.jpg



ツキ0099のコピー.jpg



ツキ0207のコピー.jpg



ツキ0180のコピー.jpg







ニックネーム nekoboci at 23:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

遠い日の思い出

レッサーがお星様になってから、もう何年経ってしまったのか・・・

悲しかった思い出なので日めくりのように思い出したくはない

ただ、8月9日という日にちと暑い日だった事だけは

今も鮮明に思い出してしまう

はや、お盆を迎える頃になってしまいましたが・・・

レッサーの命日に、日は過ぎてしまいましたが・・・

楽しかったあの頃、元気だったレッサー

丁度、チャツプーと一緒に戯れている写真が見つかり

動画風に、まとめて見ました。




ニックネーム nekoboci at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

7才になっちゃったよぉ〜!!

ピートは、昨日7才の誕生日をむかえました。ぴかぴか(新しい)

7年前にあみを強制捕獲して即病院へ。

あみのお腹の中で大きく育っていたピートを先生が取り出し

無事、この世に大きく伸びをして産声をあげました。

小さいときは、まるで大きなネズミだったピート。がく〜(落胆した顔)

あみ母さんが、はぐくんだ命を先生によって生かされ

今日で、7年が過ぎようとしている。

もう立派な青年exclamation&question いやいや壮年猫になってしまいました。



ここで大人になったピートが、皆様にご挨拶を顔(イヒヒ)



さぁ、ピート出番ですよ猫(足)

IMG_1855のコピー.jpg




IMG_1852のコピー.jpg




7才といえば、もう立派なおとな猫ですよかわいい
           
IMG_1853のコピー.jpg



でも、まだまだやんちゃなランボーさんだよ〜顔(チラッ)

IMG_1854のコピー.jpg
ニックネーム nekoboci at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

ジョジョとお花

5年まえの今日、ジョジョはお星様になりました。

優しげな風情のジョジョは、「女の子ですか?」と聞かれたり

立派なお腹を見て「赤ちゃん生まれそうですね」って言われてた。

性格も、穏やかで母性愛が強く面倒見がいい。

我が家にやって来たツキの母親代わりをしっかりと勤めた。

その後、仲間に加わった、あみ&ピート親子を優しく迎えてくれた。

ジョジョの写真を見ていた私に、「悲しい話はしないでね」

と、ジョジョがささやきかけてきました。

さすが優しいジョジョ。そんなジョジョにはお花が似合う。

ジョジョとお花・・・優しいジョジョを偲んで・・・


お引越の日、友達からプレゼントの花の隣におすまし顔
ジョジョ0089.JPG



ベランダで寛ぐジョジョとお花
ジョジョ0175.JPG



体調が悪くなり始めた頃のジョジョの脇にも花が
ジョジョ0184.JPG

今頃は、チャツプーやたくさんの仲間たちと一緒に楽しく

遊んでいることでしょう。安らかに・・・ジョジョ
ニックネーム nekoboci at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

生まれてくれてありがとう♪

今日は、チャツプーとリンの誕生日かわいいかわいい

リンは交通事故で1歳の誕生日を前にして天国に召された。

チャツプーはそれ以後、大変な病気を2度もクリアーし注射くすり

行方不明騒動も乗り越えて顔(泣)顔(笑)

お引越しという、猫にとっては辛い出来事も経験し猫(泣)

7年前に突然の心臓発作でこの世を去るまでもうやだ〜(悲しい顔)

私たちの一番星猫として我が家に君臨していましたぴかぴか(新しい)

誕生日ということで、チャツプーの若かりし頃の写真を2枚下

チャップー0039.JPG


チャップー0031.JPG


そして、動画。唯一お引越し前にビデオで撮ったものがありましたひらめき

今はデジカメが普及していて動画も簡単に撮れる。

しかし、十数年前はまだデジカメが普及していない頃

確か、お引越しの年、お花見に行こうと借りてきたビデオでした。

チャツプーが亡くなって以来、このビデを一度も見ていない。

そのテープを、やっとDVDに焼きました。

そのDVDを再生しながらデジカメで撮る。

ちょっと面倒でしたし、画面が美しくありません。

でも、やっぱり撮ってよかったかな・・・と、思いました。




ニックネーム nekoboci at 16:47| Comment(14) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

1月3日はリンの命日でした。

りゅうさんのサイトを、お訪ねするたびに、みんなの記念日コーナーの
「リンの命日」の文字が目に飛び込んでくる。

もちろん「リンの命日」を忘れたわけではありません。
それどころか今も鮮明に目と心に焼き付いて離れないその日の出来事。

今年の1月元旦に「リンの命日」
の記事を書こうと思っていました。
ただ1月3日はまだ正月真っ只中、暗い話をアップするには・・・
少し過ぎた頃にアップしようと思ったのが、今になりました。

チャツプーとリンの兄弟が3月に生まれてから初めてのお正月でした。
その前の年に生まれていたレッサー、シマン、ハイの3兄弟も若く
遊び盛り、皆で家中駆け回り大運動会の日々。
外も自由に出入りしていましたし彼らにとっては楽しい毎日だった。

チャツプー&リンの仲良し兄弟は何時も一緒。
チャツプーは軽業師の如く身軽で挑発無限大という仇名がついていた。
弟であるリンをあおり、自分を追いかけさせて遊ぶ日々。

その頃の貴重なチャツプー&リンの写真
FH010039.jpg


お正月3日の夜、9時を過ぎてもリンが帰ってこない。
他の猫たちは皆帰ってきて、食事を終えくつろいでいる。
テレビを見ていた妹と、さすがに心配になり探しに外へ。
不吉なものが胸にこみ上げて、急いで目黒通りに駆けつけた。

その頃、住んでいた所は閑静な住宅街で猫たちが遊びまわっても
危険なことに遭遇しにくい環境でした。
しかし、路地を100メートルほど歩いた所には目黒通りがあり
交通量も多く、かなりの危険度が高い場所で、猫もめったには
出て行かない場所。しかし、好奇心いっぱいの子供猫にとっては
興味のある所なのか、近くの猫好きのスーパーのお姉さんから
「お宅の猫、鳩を追っかけていたよ!」と、言われたこともあった。

以前、シマンが朝出てから夜になっても帰って来ない。
もしかして、目黒通りを渡って帰れなくなったのではないかと
大通りを渡り、鈴を鳴らした。
この鈴をならすのは外の子を捜しに行くときの我が家の決まり。
ゴハンだよ〜と言う時に
何時も鳴らすようにして耳に馴染ませてあったので捜しに出て
鈴を鳴らすと必ず現れてくれる。ありがたい鈴の音でした。
案の定、シマンのかすかな鳴き声が聞こえてきた。
シマンと呼びかけたら、こそこそと出て来たので
すかさず抱きかかえGジャンにくるみ込んで帰った事があった。

私の胸の不安は的中した。
目黒通りに出て、目にしたものはリンの無残な姿でした。
多分、チャツプーと追っかけっこをしていて夢中になって飛び出し
そこに走ってきた車にはねられた。

避ける事も出来ずに、車にはねられ轢かれた。
その後も幾度となくリンの上を車が通って行ったのか・・・
早く捜しに出ていたら、こんな無残な姿にはなっていなかったのに
悔やんでも、悔やみきれなかった。

大きなビニール袋に、リンのものである身体を全てタオルに包み
入れて帰った時は、涙も涸れはて放心状態でした。

暗い正月の幕開け、忘れようとしても忘れられない
「リンの無残な記念日」
まだ1歳をむかえる前の幼くも小さな命でした。











ニックネーム nekoboci at 00:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする