2009年06月09日

まるこちゃんがお星様になった!!

日曜日の朝、友達のMさんの「まるこ」ちゃんがお星様になったぴかぴか(新しい)

20歳と・・・何ヶ月exclamation

猫の年齢にして100歳を越しているのではexclamation×2

長寿を全うして大往生でした。

この、まるこちゃんがM家の猫になる経緯にかかわった私

それは、20年前

会社帰りにMさんのお家に寄っていた時の事

玄関の方で、ミャ〜ミャ〜とか細い声がしたexclamation&question

2人で出てみるとアメショーもどきの小さい猫が

こちらを見上げているがく〜(落胆した顔)

首には赤いリボン

何処かの迷い猫かexclamation&question

このままにしておけば、車に轢かれてしまうし

Mさんは、仕方なく小さな箱に入れて玄関に入れることに

しかし、何日たっても猫を探している人は出てこない

子猫は箱から少し大きめの鳥かごに入れておかれていたが

どうも、お腹がゆるくて下痢ばかり

きっと、この下痢が原因で棄てられたふらふら

ここで、困った顔(汗)

M家には先住猫のグレちゃんがいましたし

男性群(ご主人、義父)が猫嫌い

Mさんには1歳になるなる男の子に手がかかる

私はというと、狭い家に沢山の猫をかかえて暮らしてましたし

これ以上増えると大変な事になる

この時は2人で悩みました。

しかし、ここで救いの神がひらめき

先住猫のグレが、子猫を可愛がり猫(笑)

その猫をこよなく愛しているMさんの義母が

「家で飼ってやれば」の一言で顔(メロメロ)

めでたく子猫の運命が定まりました。

そして、Mさんの息子のU君が

この子猫を指差して「まるこ」と言ったので

この子猫の名前が「まるこ」に決定Clap

とんとん拍子に、まるこの運命はバラ色の猫生へとかわいい

まるこが来てから2年後にM家は千葉へお引越し

まだまだ自然が残る新天地で

大好きなグレ兄ちゃんと

優しい家族に囲まれて20年

病気をすることもなく楽しく過ごしたまるこでしたが

ここにきて、よる年並みには勝てず

日曜日の朝、家族みんなに看取られながら

天国へと召されていきましたもうやだ〜(悲しい顔)

虹の橋では、待っててくれているグレと再会したのかな

ふたりで仲良くお星様になってぴかぴか(新しい)

虹の橋の袂で優しいMさんが来るのを待っている事でしょうね。



生前の私が写したまるこちゃん


マルコ.jpg



マルコ0011.JPG



仲良しのグレとまるこ

グレ0004.JPG

ニックネーム nekoboci at 15:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 知る辺猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

7月の悲しい別れ

今月半ば過ぎに実家の妹から悲しい知らせがありました

12年間妹に可愛がられていた猫の蘭ちゃん

患っていた肝臓病が悪化して、必死の看病もむなしく

お星様になってしまいました

そして、それから5日後に・・・

17年間大きな病気をしたことも無かった犬のチビちゃんが

蘭の後を追うように心臓発作で突然死

次々に悲しい別れが訪れた、この7月の暑い日

妹にとっては忘れることが出来ない月になりました



蘭が具合が悪いのよ、と妹が携帯で送ってきた写真

middle_1183020179.jpg middle_1183023661.jpg



そして、お星様になったチビには、7年前に生まれた

カウ、ルンの息子とアンという娘と一緒に暮らしていました。


お星様になったチビ母さん          長男のカウ
middle_1183024072.jpg middle_1183020876.jpg



次男のルン                  長女のアン
middle_1183038511.jpg middle_1183020875.jpg



カウ君は、食いしん坊さん

庭に人が出ると、必ず食器をくわえて出てきます

ルン君は、心臓が悪く入院をしたこともありますが、今は元気です

唯一の女の子アンちゃん、器量よしで一番頭の良い子です

この子達に手がかかってね、悲しみがまぎれるのよ

と、妹が言っていました。


きっと、チビ母さんは、みんなが元気で仲良く幸せに暮らせるように

夜空に輝くお星様になって見守ってくれるでしょう


ニックネーム nekoboci at 22:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 知る辺猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

チャップー似のボンちゃん

会社近くの不動産屋の猫、ボンちゃん

DVC00012.JPG DVC00011.JPG

初めに見た時「エッ!! チャップーだっ??」顔(チラッ)

白黒、八われ、鼻髭まで・・・似てるなぁ〜顔(笑)

2年前にゴミのように捨てられていたのを助け顔(泣)

病院に直行し一命をとりとめたそうです。顔(メロメロ)

女の子なのに「ボン」というお名前顔(イヒヒ)

DVC00019.JPG DVC00021.JPG

昨年、携帯で撮ったボンちゃんの写真です。グッド(上向き矢印)

ボンちゃんに似てますか?「チャップー」の若き日の写真ですバッド(下向き矢印)
チャップー0025.JPG

四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉四葉

ニックネーム nekoboci at 23:20| Comment(8) | 知る辺猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

実家の猫・ねこ♪

中国地方の日本海側に私の実家があります。

実家には4匹の犬と去年21才で天寿をまっとうしたシャムネコ凛
そして、今も元気で走り回っている欄という猫がいます。

今日は、お星様になったシャムネコ凛と今も元気な欄の写真公開です。

凛は、血統書付きのシャム猫さんでしたが、知人から頂き
以後21年、病気ひとつしない健康優良児猫猫(足)
さすがに晩年は、癲癇症を患い大きな音に反応して
引きつる事がしばしばでしたが、去年静かに息を引き取り
夜空に耀く、お星様に・・・ぴかぴか(新しい)

この写真は5年位前に写した写真です。まだ若々しいるんるん
リンF.JPG

凛はシャム猫だけあってスリムで、とても頭が良かった。
リードを付けずに肩に乗せて散歩が出来る。
車に乗せても怖がることなく平気な子。
病院に連れて行っても少しも騒がず悠然としている。
猫の範疇を超えた不思議な猫さん?

リンD.JPG


反対に、今も元気な欄はまさに猫の中の猫猫(笑)
ラン@.jpg

気に入らないと、引っ掻くは噛み付くは、野生そのもの顔(汗)
大のお客嫌い、一緒に散歩なんてとんでもない顔(え〜ん)
脱走の常習犯で、必ずお土産を持って帰ってくる。
それも、ゴルフボールを持って帰ってくるので困り者顔(え〜ん)

しかし、凛が亡くなってからは様子が変わったexclamation
大人しくなって、かなりの甘えっ子になっているそうです。

2001年の思い出0011.JPG





ニックネーム nekoboci at 23:43| Comment(10) | 知る辺猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする