2005年12月16日

鯖柄猫を捕まえろ!!

あみちゃんが我が家の子になったのは、今から5年前の夏のことでした。

初めは、ケージで生活していました。
あみ0001.JPG

その前年、チャップーがまだ元気だった頃、毎日深夜の散歩。るんるん
道すがらに、猫一族がお寺の脇にあったアパートでご飯を貰っているのを
見かけ、家で残したキャットフードを寺の脇に置くようになった。

この年の冬、チャップーを突然の心臓発作で亡くし、気落ちしながらも
引き続き、ご飯だけはあげていました。猫(笑)猫(足)

翌年そのアパートも壊され、新しくマンション建設がはじまった。
たくさんいた猫たちも何時の間にかいなくなり猫(泣)
鯖柄女の子と茶虎の男の子だけになってしまった。猫猫(笑)

鯖柄猫と茶虎猫は半野良生活から、完全野良猫生活に。
当然、食事は私だけが頼り、何処で分かったのか我が家を探知し顔(え〜ん)
仕事帰りの私を待ち構え、ご飯を持って出てくるまで鳴き続ける。顔(汗)

初夏を過ぎた頃、鯖柄猫がふっくらと太り、心なしかお腹が大きいexclamation×2
もしかして?? 赤ちゃんが出来たのではexclamation&question
そうであれば何とかして、捕まえないと仔猫がぞろぞろ。ふらふら顔(え〜ん)
想像しただけで頭がくらくらしてしまう。顔(汗)顔(泣)
でも、捕獲は難しい、ご飯の時は馴れ馴れしいのに少し近づけば、逃げる。
しかし、早くしないと、お腹もだんだん膨れている。がく〜(落胆した顔)

色々考えた結果、猫ケージ作戦を採用。ひらめき
猫の移動用ケージの奥にご飯を置き、中に入って食べてる隙に捕獲。
この作戦が失敗したら、以後絶対鯖柄猫の捕獲は無理だ。

休みの日を選び用意は万全、猫達の鳴き声がしたのでかごを持って降りる。
かごを見て、鯖柄猫と茶虎猫は少しおびえた様子、でもお腹が減っているのか
鯖柄猫が真っ先に、かごに身体半分入れて食べ始めました。Good
この時を待っていたとばかり、ぐいと中に押し込み入り口の鍵を閉じた。
驚いたのは茶虎君、食べる事もしないで逃げて行ってしまった。猫(泣)

鯖柄猫は、予め連絡してあった友達のご主人である獣医さんが車で駆けつけ
病院に連れ帰ってくださり、この作戦は成功でした。Clap
先生に赤ちゃんが大きくならないうちに避妊手術をお願いしていましたので、
その日の内に先生も手術をしてくださる事になった。


数日が経ち、友達からの連絡が入った。
「あのね、猫ちゃん避妊手術は成功したのよ・・・でも」

言いよどんでる友達に、その先を急かした。
「それがね、赤ちゃん大きくてね、一匹しかいなくて・・・先生がピンセットでつまみ出したの」

それで、どうしたの
「その子ね、う〜んって手を伸ばして伸びしたのよ、まるで生きたいよ〜って云ってるみたいで」

そう、それから
「いま、元気でお乳飲んでるのよ、この子家の子にしてもいいのよ・・・」

そうか、良かった。先生に頼んで
もし他の獣医ならこの仔猫の命無かった。

ほっと胸をなでおろした。

何云ってるのよ、この子は家の子よ顔(メロメロ)顔(イヒヒ)
ところで仔猫どんな子?

「う〜ん・・・どうって・・・」と、友達顔(チラッ)
「あの・・・黒っていうか、少し斑かな? 」
「あっ、そうそう顔にVサインがあるの、それが可愛い」

えっ!!まだら?? 顔にVサイン?

2週間経ち、帰って来た子猫に対面。
初めて友達が言いよどんだ理由が分りました。

ピート@.JPG

初めて見た時の印象は「大きなネズミ」猫(泣)猫(怒)
ゴメンピート顔(汗)たらーっ(汗)
確かにVサイン可愛かったけど・・・







ニックネーム nekoboci at 00:10| Comment(12) | 猫と暮らして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほお〜〜〜っ。ピート君の出生はかなりドラマチックなのですね!!
なんか、1匹しか居なかった事とか、お腹から出された時に生きてた事とか。
いい獣医さんで良かったですね。
ウチ、実はモモが保護した時に妊娠してたんですが、赤ちゃんは駄目だったです・・・。

ところでピート君。ホントにVサインですね♪(笑)それに今と目の色が違う???
Posted by 白雪 at 2005年12月16日 07:33
すごいw(@。@;)w ピート君。
まだ生まれる時期じゃなかったのに帝王切開で?
人間で言えば早産のような感じですか?
でも、生きて出てきてくれたんですね、すごい生命力。
ピンセットでお腹から無理矢理、出されたのに!
そんな劇的な誕生をしてきたように見えない愛嬌のあるお顔、
かわいいですね(*≧m≦*)
ピート君を見る目が変わってきちゃう誕生のエピソードです。
Posted by nyanmyuipurin at 2005年12月16日 09:44
ピート君すっごく可愛いネズミちゃんでしたね。Vサインが決まってます。
ほんとにドラマチックなエピソードでビックリしました。
そしてなんだかピート君とnekobociさんを逢わせるために
チャップー君がお手伝いしていたような・・・
今現在はピート君のVサイン目立たないですよね?
チャップー君の「やったね!この子をよろしく」のVサインだったかも♪なんて
勝手に考えちゃいました。
Posted by mimi at 2005年12月16日 14:54
えええっ!
ピート君・・・すごいねぇ。生きる力そのものだね☆
Vもかなり力強いし^▽^。
思わず叫び声をあげてしまいました。
でも、心優しい先生ですね。
よかったなぁってつくづくシミジミ思います。
あみちゃん、三角顔で随分シャープな顔立ちだったのね?
今は幸せ太りかぁ^▽^。
Posted by りゅう at 2005年12月16日 22:56
白雪さん、友達のご主人だから言うわけではないんですけど
先生は、すごく優しい先生です。
病院にも、捨て犬、野良猫をかなりの数保護し
て面倒をみている先生です。
だからピートはラッキーキャット☆
Vサインを付けて生まれてきたのでしょう。


Posted by nekoboci at 2005年12月17日 17:14
nyanmyupurinさん、ピートのシッポ先は、
先生がピンセットでつまみ出した為曲がっています。
少し小ぶりのピートでしたが、元気いっぱいの
お茶目な子です。

Posted by nekoboci at 2005年12月17日 17:22
mimiさん、本当にピートが帰ってきたとき
毛色といい、顔といい大きなネズミのようでした。^_^;

チャップーと散歩に行かなかったら、
この子達との出会いは無かったと思います。
それって事は、あみもピートもチャップーが
ヨロシクって引き合わせたのかな ~(=^ノ・^)ノ☆
Posted by nekoboci at 2005年12月17日 17:34
りゅうさん、心優しい先生に命をもらったピート。
やはり、Vサインですよね☆

あみの顔、初め美猫だと思っていましたが^^;
最近ふくよかなからだに、まるまるとした顔。
ブス子さんの仲間入りです。
Posted by nekoboci at 2005年12月17日 17:44
おぉ!確かにこの写真でも、しっぽの先が曲がってますね。
でも、これピート君の頑張って生まれてきた勲章ですね。( v^-゜)ぶぃ♪  
Posted by nyanmyupurin at 2005年12月18日 16:26
へぇぇぇぇ。
ピート君、凄い話だぁ、感動・・・。
可愛いねぇ。
その逞しい生命力が、そのまま性格になって現れていますね〜。
ヾヾ(*^▽^*)〃〃

あみちゃん、・・・別猫・・・。
Posted by ヨッスィー at 2005年12月19日 00:03
nyanmyupurinさん、ピート仔猫の時
ピンセットのところに毛が生えていなくて^^;
そのまんま、ネズミでした。
Posted by nekoboci at 2005年12月19日 23:16
ヨッスィーさん、最後の一言
「あみ、別猫」我が家で大うけでした。
Posted by nekoboci at 2005年12月19日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字