2013年06月25日

ピートの勲章!!

Birthday Graphics



すっかり忘れていましたkuroneko_012?L?L?b?N.gif

にゃんこ先生からの頂き物

美味しいハウスミカンのお礼の電話をしている最中に

そうだ!!

6月はピートが生まれた月だったkuroneko_031945B93BE?R.gif

はっきりとした日にちを覚えていませんが

野良猫あみを捕獲して、先生に避妊をお願いしたまま

20日間くらい預かっていただき

あみの避妊も、その時に

その時、あみのお腹の子供はピートだけ

あみを仔猫だとばかり思っていましたから

ピートは初めての子供だったと思います。

先生も大きくなっているピート

ピンセットでつまみだしたら

大きく伸びをしたピート

病院で飼ってもいいから生かしてやろうと思われたそうです。

もちろんご迷惑はおかけできませんので

あみともども我が家に帰って来たのが

7月の上旬だったと思います。

記憶があやふやでピートの生まれた日にちがはっきりしません顔(え〜ん)

多分、20日〜28日の間だと思いますが・・・

で、6月生まれのピート君

めでたく13歳になりました。

命の授かった証として

先生のピンセットに挟まれたシッポが曲がっています。

そのまがったシッポこそ

ピートの勲章ニタリ.gif


IMG_8717.JPG


IMG_7225.JPG


IMG_4525.JPG


IMG_3215のコピー.jpg


IMG_2347.JPG



IMG_4142.JPG



ブログにアップした写真の中から

勲章をピックアップしてみました。







ニックネーム nekoboci at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の日常 ピート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

花びら泥棒!!!

梅雨入りしたのに雨が降らないねぇ・・・

ってぼやいていましたら

何と台風がやって来ました台風

まだまだ小さな台風でしたから、すぐに熱帯低気圧に変わり

ぐずぐずと関東地方に停滞していますので

おかげで、湿りの恵みがありましたけど

ニュースでは、まだまだ貯水池が満たされるには

雨がもっと降らないとだめだそうですね。

さて、私の毎朝の日課は雨が降っても降らなくても

ベランダの数は少ないですけど、観葉やお花の水遣り

先々週の金曜日、ベランダのお花と言っても

ゼラニュウムしか咲いていませんが

それまで、なんの変化もなかったゼラニュームの花

先週の土曜日の朝、いつものように枯れた花びらを取り除こうとした時

エッexclamation えっexclamation

もうびっくりexclamation×2

ゼラニュームの花びらが

綺麗に切り取られているではないですかがく〜(落胆した顔)



IMG_8754.JPG


IMG_8756.JPG


IMG_8757.JPG


IMG_8758.JPG


IMG_8759.JPG



誰が???

こんなひどいことを顔(泣)たらーっ(汗)

犯人は誰だexclamation&question

もちろん点検、花びらは言うに及ばず

葉っぱの裏から、茎まで顔(チラッ)

虫が潜んでいないか探しましたけど

何処にも犯人が潜んでいる様子がないちっ(怒った顔)

この日は何の収穫もなく

嫌な気持ちのままベランダから離れましたけど

翌、日曜日ついに犯人が判明exclamation

私ではなく、妹が見つけてくれました顔(笑)

じゃじゃぁ〜ん

犯人は、小さな蜂さん

しばらく私もベランダにいて監視していましたら

やって来ました可愛い蜂さんわーい(嬉しい顔)

やおら花びらに近づき器用に花びらを切り取っていきます顔(チラッ)

そして、その切り取った自分の体より大きな花びらを咥えて

飛び立っていきました。

しばらく待っていると、またやって来て

花びらを器用に切り取って飛び立つ

私が診ている間、数回にわたって

花びら泥棒の小さな蜂さん、私の事を気にするでもなく

せっせせっせと花びらを切って運んでいきました。

集めた花びらは何に使うのかしらexclamation&question

子供たちに食べさせる?

子供たちの寝床に敷き詰める?

なぁんて、綺麗で可愛いこと思い浮かべ顔(メロメロ)

やって来るのを楽しみにしていましたが

次の日から、ピタッと姿を見せなくなり

何かさびしい気持ちです。

蜂さんが花を切り取るところを動画で撮ったら面白かったのに

と、思った時は後のまつり

それだけが心残りです。








ニックネーム nekoboci at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする