2013年05月06日

我が家の妖怪君!!

4月の後半のゴールデンウィークは

お天気には恵まれましたが

肌寒い日が続いていました。

が、やっとゴールデンウィーク後半になって

待ちに待った五月晴の暖かな日に

特に5日の子供の日は

久しぶりに暑く

素晴らしいお節句日和でした。

我家では、4月末にお雛様をやっと片付けexclamation

唯一、何年か前に浅草で買ってきた

小さな鯉のぼりを飾りました。


IMG_8750.JPG




さて話し変わりまして、前日の記事での主役

にゃんこ先生は

妖怪、「斑」(まだら)の仮の姿

夏目貴志君を守る時は、この妖怪の姿になるのですが

妖怪の姿になった時は、人の目には見えません。

でも妖怪の姿になった時はカッコいいのに

にゃんこ先生の姿でいるとき

仲間の妖怪たちも

「おいたわしや、その不細工なお姿」と悲しみ

貴志君の友人たちも「デブ猫」「ブタ猫」と呼ぶ

ただ1人、友人のたきさんという女の子だけが

にゃんこ先生が大好き顔(メロメロ)

にゃんこ先生と遭遇するや

「あまりの可愛さに我慢できない」と

ギュッと抱きしめずにはいられない女の子


またまた「にゃんこ先生」の話しの続きになってしまいました。

最近、この「夏目友人帳」にどっぷりと嵌っているものですから顔(笑)



さて、人間の目には見えない妖怪って

本当に居るのかexclamation&question

考えてみれば、人間が出来上がったこと自体が不思議な事exclamation

地球のすべての物に命があるんですから

私たちの目には見えなくとも

妖怪らしきものは居るがく〜(落胆した顔)

と、私は思っているのですが・・・


特に、哺乳動物の中でも一番妖怪に近いexclamation

にゃんこさん、猫様たちは

絶対に妖怪が見えるんじゃないかと・・・

何もいないのに、じーっと一点を見つめている

皆さんちの猫様たちも、このような不審な挙動しませんかexclamation&question


昔読んだ「火星人ゴーホーム」というSF小説の中で

地球に火星人が侵略してきて

人間たちを翻弄し、笑いものにするんですが

猫だけは苦手だったという内容だったと記憶しています。

猫の目は暗闇でも見えることから

昔から、気味悪がられたりしていましたから

猫ばけって、映画もありましたよね。

ポーの「黒猫」も怖いふらふら

古今東西、猫族と妖怪は繋がっているあせあせ(飛び散る汗)



さて、我が家で一番妖怪と近いのではないかと思われるのは

ふふふふ〜 ピート君猫(笑)猫(足)



後姿は、普通の黒猫exclamation




IMG_8717.JPG


それが・・・・・・


おもてから見ると


IMG_8726.JPG


頭デカッ顔(イヒヒ)



おまけに鳴いている顔は



IMG_8723.JPG


妖怪じみていませんかexclamation×2


いや、妖怪全てが怖い顔をしているわけではありません。

綺麗な妖怪も沢山いますから

ピートを妖怪の仲間のように言ったら

妖怪達からお叱りを受けるかもしれませんね顔(え〜ん)



ピートは、黒猫というより中の毛がグレーなので

まだらに見えるexclamation妖怪「斑」顔(イヒヒ)


それに我家の猫たちの中で

妖怪を見る能力が強いのもピートexclamation


よく何もいないところをじーっと見ているので

何見ているのと声をかけると

ハッとして我に返るexclamation

やはり、ピートは妖怪の一員だ顔(ペロッ)


ニックネーム nekoboci at 22:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫の日常 ピート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

もうひとつの「にゃんこ先生」

ひえぇ〜ゴールデンウイークも、もう直ぐ終わりだぁ〜顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)

と、焦っても仕方がないにゃ猫(泣)

で、

3月に記事にしました「にゃんこ先生」

お友達のご主人であり

我が家の代々の猫たちの主治医でもある

動物病院の先生の通称ですが

他にも、「にゃんこ先生」といわれて

ぴい〜んとくる人exclamation&question

きっと貴方は、漫画好きかアニメ好き顔(イヒヒ)

その上、大の猫好き顔(メロメロ)これは当たり前かexclamation

長年の猫ブログのお友達である

りゅうさんがピィーンと来てコメント下さったexclamation

それは人ではなく「夏目友人帳」の中に出てくる

「にゃんこ先生」猫(笑)猫(足)

にゃんこ先生と言っても、実は猫ではないんですよexclamation

何を隠そう、斑(まだら)と言う上級の妖怪がく〜(落胆した顔)

ですが、外見は招き猫風


このアニメの主人公は、夏目 貴志君と言う高校生

両親を幼い時に亡くし

親戚をたらいまわしにされ

彼は、幼い時から人には見えない妖怪が見えるために

周りの人たちから、奇異な行動を気味悪がられ

いつも一人ぽっちのいじめられっ子

でも、今は遠縁の優しいご夫婦に望まれて

田舎で友達もできて幸せな高校生活を送っている。

たまたま、偶然に妖怪封じの決壊をきったことで

にゃんこ先生と出会います。

招き猫風で顔がでかく、丸々としたにゃんこの姿


IMG_8745.JPG


可愛いと思うのは猫好きさん

でなくとも可愛い顔(メロメロ)

もともとは「斑」(まだら)という上級の妖怪ですが

この「斑」カッコいい

猫というより白いオオカミexclamation×2

でっかくて、シッポが長くて

空を飛ぶんです。

この斑になった時は、人間には見えません。



IMG_8747.JPG



この招き猫風な猫に入り込んで人目にさらしています。

当然、にゃんこ先生は夏目の猫として一緒に暮らして

夏目君が所持している「友人帳」を妖怪から守りながら

あわよくば、この友人長を我が物とするべく

夏目君の用心棒として君臨してます。


夏目とニャンコ先生A.jpg



その問題の「夏目友人帳」とは

夏目貴志君のおばあちゃんであるレイコさん

このレイコさんが、貴志君同様に妖怪が見える

それ故に奇異な目で見られる人間界から遠ざかり

その寂しさを妖怪と関わり

勝負して、妖怪を負かしては名前を書かせ

それを綴ったのが友人帳

若くして亡くなったレイコさんの遺品として

夏目貴志君が受け取ることに

その友人帳に名前を書いた妖怪たちが

名前を返してもらいたくて夏目君のもとにやってくるわ

「夏目友人帳」を我が物にと付け狙う妖怪や

妖怪だらけの中に、貴志君の高校生としての日常が描かれ

妖怪が出てくるからと言っても

おどろおどろしい話しではないんです。

田舎の懐かしい風景

人も妖怪も同等に扱い接していく

優しい貴志君の気持

何か懐かしく

切ないはなしが満載で

観終わると、うるうるしてしまいます。

是非、機会があれば観てください。

と言っても、今は地上波のテレビではやってなく

ケーブルテレビか、スカパーでしか観られません。

もしどちらかに加入していらっしゃれば

「アニマックス」というアニメ専用のチャンネルで

観る事が出来ますよぉ〜〜猫(笑)猫(足)




ニックネーム nekoboci at 22:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする