2012年10月28日

ツキがやって来た満月の夜!!

長いブランクでしたから

7月と8月は飛ばしていきますあせあせ(飛び散る汗)

何せ、7月と8月は猛暑日つづきで

今から考えると、何してたのか思い出せません顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)

で、一挙に9月に突入exclamation



9月といえば、ツキが我が家にやって来た日ですから外せません

我が家を目指してやってきたツキ猫(笑)猫(足)

今から15年前9月の最終日曜日でした。

朝ベランダに出て、子供たちの遊びまわっている姿の中に

周りの稲穂と同じ色の小さな猫を見たとき

この中の子供たちの家猫だろうなと

ほほえましく見続けていましたが

その子猫が、今度はマンションの駐車場に現れたときは

この子は捨てられたか、迷いネコexclamation×2

人馴れしていたのでのら猫さんら生まれたとは考えられないし

困ったことになったぞぉ〜っ顔(汗)

ほっておくわけにもいかず駐車場まで降りていくと

途中の階段に後ろ向きに、ちょこんと座って

まるで私が来るのを待っているようす。

その小さな首根っこを、ひょいとつまみあげたら

驚きもせずに、待っていましたって私に小さな体をゆだねてきました。

仕方ない、我が家の子にするか

我が家には、当時チャップーとジョジョという

老猫ふたりが静かに生活をしていたので

子猫さんを連れて帰るのか酷かなって気がしましたが

放り出すわけにもいかず、我家に連れ帰りました。

その夜、満月に近い美しい月がでていましたので

金茶色の毛並から「ツキ」と命名満月

9月は中秋の名月をめでる習わしがある日本

毎年、旧暦の8月15日

「十五夜お月さん〜〜♪♪」子供のころ歌った記憶が・・・

年によって中秋の名月の日にちが変わりますので

ツキの来た日が中秋の名月の日であったかは定かではありません。


さて、今年の中秋の名月は9月の30日

十五夜お月様とめでられていたのは

中秋の名月が、旧暦の8月15日という事が調べてやっとわかりました。

前にも、調べたような気がしますが

今またネットで再確認顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)

で、今年の中秋の名月が見られる9月30日(旧暦8月15日)

あいにくなことに、17号という大きな勢力の台風が日本を縦断がく〜(落胆した顔)

丁度関東を通過する日だと分かっていましたので

前日のお月様ゲット


IMG_8195.JPG



IMG_8201.JPG


予報通り、大きな台風が関東を足早に通り過ぎ

台風一過の翌10月1日は秋晴れの良い天気

夜には十六夜のお月様が穏やかな優しい姿を現してくれました。


さて、ツキの子供時代の写真

何度かこのブログでもアップした写真です。



ミルク大好きは、今でも変わらないですね。

ツキ0003.JPG





初めてジョジョとご対面顔(イヒヒ)

ツキ0008.JPG


年賀状にと何枚か撮った一枚顔(メロメロ)




ツキ0024.JPG




我家に来てから今年で15年猫(笑)猫(足)


これまで1度も、にゃんこ先生の手を煩わした事のない健康優良猫猫(笑)猫(足)

でも、15歳。

さすがに年をとりました。

身体が重くて左よく食べますから

上にのぼるのが大変になってきました猫(泣)

猫は良く寝るといいますが

ツキの場合、食べるか寝るか顔(え〜ん)

たまにベランダの1日

まあ元気がとりえのツキ

きっと長生きしてくれると思っています。

我家の最長年齢猫、九郎(女の子)が推定21歳で大往生でしたのでぴかぴか(新しい)

がんばれツキ、九郎を超えろ と思っています。





ニックネーム nekoboci at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

6月の記念日

すっかりご無沙汰してしまいました。

5月末から手つかずのブログexclamation

我が家の猫たちの日常が同じことの繰り返しで

何か意欲が失せてしまい更新が滞ってしまいました。



何してるんじゃ顔(ぷんっ)

われながら反省顔(汗)

で、先ずは6月の記念日

忘れもしません、野良猫あみの強制捕獲と、ピート誕生の月猫(笑)猫(足)

まだ子猫だと思っていたあみのお腹がいつの間に大きくなっているがく〜(落胆した顔)

必死の思いで、捕獲して

お友達のご主人、猫ちゃん先生につれて帰ってもらい

先生の病院で、あみの避妊手術

その時、あみのお腹にはもう既に大きくなっていたピートがふらふら

先生は病院で育ててもいいからと

ピンセットでつまみあげて蘇生してくださったるんるん

丁度、田舎の妹が上京してきた時でしたので

そのまま、にゃんこ先生の病院で預かってもらう事に

ふたりおそろいで我が家に帰ってきたのが6月末

大きなネズミのようなピートと顔(え〜ん)

野良時代に猫家族で生活していたために

人間嫌いなあみとの生活の始まりでした。

当時、我が家にはチャップー亡き後

男の子なのに女の子に間違われる優しいジョジョと

1年前に、我が家にやってきたツキが

のんびりと暮らしてましたから

この新参者たちに少なからず驚いてました。

でも、生まれついての温和で心の広いジョジョ猫(笑)

そのジョジョ母さんに可愛がられて

素直に育ったツキ猫(足)でしたから

すぐにふたりを受け入れてくれました。

でも、やんちゃなピートには手を焼いていましたね顔(イヒヒ)

あみは、優しいジョジョに母親の面影を求め甘えて

苦手な人間(私たちなんですけど)がいても何とか我慢顔(え〜ん)

それにカッコいいツキにはメロメロでしたから幸せいっぱい揺れるハート

あっという間に、今年で12年exclamation


想い出の写真←前にもアップしている写真ですけど



来た時は、ケージ暮らしのあみ猫(怒)

あみ0002.JPG




大きなネズミ君みたいなピート顔(イヒヒ)

ピートA.JPG






ピートがベランダに出たので、心配そうにあみが覗いています。

あみ&ピーと0001.JPG






大きくなっても母乳猫(笑)

あみ&ピーと.JPG


ピートが子供の時は、面倒見の良い母親でしたのに猫(足)

成猫になってからは、乱暴者のピートを毛嫌いしているあみ猫(怒)

ピートは、あみ母ちゃんよりツキ兄ちゃんの方が好き

好きなツキ兄ちゃんを、ひとり占めされるので猫(怒)

あみ母ちゃんをいじめるのかもしれませんexclamation&question

我家の猫たち、変な三角関係顔(え〜ん)

ふふふ〜〜 まあ幸せだから顔(笑)

この平穏な生活がいつまでもいつまでも続きますように・・・・・
ニックネーム nekoboci at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする